今年の展示会

能面 万媚
能面 万媚

今年 秋に、私が主宰する能面教室の能面展を開催しようと計画を立てていました。2年に一度、能面展を開催しているのですが、今年がその年にあたります。
しかし、皆さんご存じのように1月末から新型コロナウイルスの感染拡大で日本全国大変なことになっています。
展示会会場を借りるにはかなりのハードルかあります。民間の会場はスペースが狭く、高額になること、公の所はスペースが広く、割とリーズナブルでできるが人気が高く抽選になることがほとんどで高倍率になります。会場の立地が駅から近いことがベストなどいろいろと条件があります。この条件に合っているのは東京芸術劇場だと私は思います。
今までも東京芸術劇場で4回ほど展示会をしています。しかし、申し込みは六ヶ月前にして、使用権の抽選が必ず行われます。
新型コロナも落ち着いているであろうと思い10月の展示会を希望して4月に東京芸術劇場に申し込みました。いつもですと希望団体の代表者が東京芸術劇場に集まり抽選会が行われます。しかしコロナ渦なので職員の方が変わって抽選することになりました。4月下旬、落選の連絡がありました。
次を目指し11月の展示会を希望して5月に東京芸術劇場に申し込みました。5月下旬 、コロナ渦ですので職員の方が変わって抽選を行い、落選の連絡がありました。
二度抽選に落選して、新型コロナの不安もあり、今年の展示会は諦めた方が良いのかと思っていました。しかしいつも展示会に率先して協力してくれる年長者の方がもう一度挑戦してみたらと言っていただきました。
三度目の挑戦、6月に12月の展示会を希望して、東京芸術劇場に申し込みました。今回も職員の方が変わって抽選です。6月中旬当選との連絡が入りました。

東京芸術劇場からまだ契約書等が送られてきていませんが12月に展示会を開催する予定ができました。
これから展示会に向けて準備をしていきます。
新型コロナの問題で開催できないと言うことが起きないことを願います。