無事、能面展がおわりました。

10月9日から14日まで 東京芸術劇場で私の主催する能面展が終わりました。私を含め31名の参加で31種類58点の能面狂言面を展示しました。生徒さんの頑張りもあり良い作品を展示出来ました。展示期間の入場者は約1200名のかたに来場頂きました。生徒さんも沢山の方に見て頂いたことで、次の作品製作に闘志を燃やしておりました。

カテゴリー: 未分類 | 無事、能面展がおわりました。 はコメントを受け付けていません。

能面倉林会能狂言面展が決まりました。

平成30年10月9日(火)から14日(日)
東京芸術劇場 B1 アトリエイーストで開催が決定しました。
能面倉林会能狂言面展
出品者は私を含め30名で作品は60点くらいになると思います。
二年に一度の展示会になりますが最後の追い込みで作品を制作している方もおります。

カテゴリー: 未分類 | 能面倉林会能狂言面展が決まりました。 はコメントを受け付けていません。

日曜日の能面教室を増設しました。

今まで日曜日2,4週 能面教室を開催していましたが日曜日1,3週も能面教室を増設して開催することにしました。
講義の定員は5名とします。まだ、希望者はいませんが在籍者の方が都合により移動することがあります。
また、他の講義に出られないときに代講として使って戴ければと思います。

カテゴリー: 未分類 | 日曜日の能面教室を増設しました。 はコメントを受け付けていません。

翁を打ちました

翁
久しぶりに翁を打ってみました。
故長沢氏春からお借りして制作しておいた伝日光作の翁の型を久しぶりに打ってみました。
教室では多くの生徒さんがこの翁を打っていますが私は20年ぶりに挑戦しました。
改めて打ってみますと新鮮でした。形を覚えていると持っていましたがおぼろげに覚えているだけで細部になりますと確認しないと彫りきれないことが多々ありました。
やはり型見本をいつもよく観察することが必要ですね。

カテゴリー: 未分類 | 翁を打ちました はコメントを受け付けていません。

父尉をアップしました。

父尉を打ちました。翁よりも小さいので細かいところが大変でした。
梵天にうさぎの毛皮を使いました。切り顎を取り付けるのに絹糸を三つ編みにして使いました。
能面展示室のページをご覧ください
能面展示室/翁・尉/父の尉

カテゴリー: 未分類 | 父尉をアップしました。 はコメントを受け付けていません。